興福寺

市中心部

  • 晋茶料理

参加証提示で拝観料20%OFF

8時~17時

年中無休

095-822-1076

長崎市寺町4-32

公式サイト

1620年創建の日本最古の黄檗禅宗(おうばくぜんしゅう)の唐寺。
 
日本初のアーチ型石橋の眼鏡橋を架けた第二代住職黙子如定、漢画の祖と称される第三代の逸然、さらには明の高僧隠元禅師等の名僧が住持した。境内の建物の殆どが国や県指定の文化財。
 
「あなたのくらしにも隠元さんの影響が」
隠元禅師は日本文化に多大な影響を与えました。禅師が伝えたものには食材で、いんげん豆、西瓜、もやし、茄子、蓮根、筍で調理法では胡麻豆腐、胡麻和え、けんちん汁で興福寺の精進料理から一般家庭に広がりました。
もちろん書、絵画、明朝体文字、煎茶、印鑑、ダイニングテーブルなど、現代にも様々な形で、隠元禅師の黄檗文化が生かされています。

晋茶料理のご提供について

晋茶料理とは、隠元禅師が中国から伝えた精進料理のことです。
油や豆腐、葛をたっぷりと使った濃厚な味で、大皿を皆で分け合っていただきます。

 

ご提供期間

10月~5月中旬
ただし、年末・年始、春のお彼岸の期間のご提供は行っておりません。
 

営業時間

12時30分~19時までにスタート
※お料理のご提供に2時間半~3時間かかります。
 

 

収容人数・ご予算

10名以上~45名
ご予算につきましては直接お問い合わせください。
 

ご予約について

1週間前までにお電話にてご予約ください。
TEL095‐822‐1076
※メールでお申し込みの場合でも必ずお電話にてご確認をお願いします。
 

店舗マップ