MENU

News 最新情報

NEWS

10/25・10/26・10/27 ICCA(国際会議協会)年次総会 ハブ会議の長崎開催が決定しました。

2021年9月22日

11月1日に開業する出島メッセ長崎にて開業前の10月25日~27日にICCA (国際会議協会)年次総会のハブ会議が開催されることが決定しました。

ICCAは、全世界で5つのエリア別の部会がありますが、300以上の企業・団体が参加するアジア・パシフィック部会は最大規模であり、ソウル(韓国)にもハブ会場が設けられます。
その他、パリ(フランス)、アブダビ(アラブ首長国連邦)、ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)がハブ会場に決定しています。

■ICCA年次総会ハブ会議の概要
日時:令和3年10月25日(月)~27日(水)
場所:出島メッセ長崎
本会場:カルタヘナ(コロンビア)
ハブ会場:長崎(日本)、ソウル(韓国)、パリ(フランス)、アブダビ(アラブ首長国連邦)、ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)
長崎会場:出島メッセ長崎
参加者数:100人程度(うち外国人10人程度)
内容:コロンビアとの時差の都合上、年次総会のプログラムは録画したものを放映し、ハブ会場においては、地域の独自企画を行う予定。

■ICCA(国際会議協会)とは・・・
『ICCA (International Congress and Convention Association)』(国際会議協会)は、国際会議関連企業・政府系機関・専門家集団がまとまって設立した国際機関(本部:アムステルダム)。1963年に旅行代理店の団体によって設立。
現在、1,100以上の企業や団体、約100の国・地域が加盟し業界を牽引し続ける、MICE分野における最大規模の業界団体。

ICCA年次総会ハブ会議に関する詳細は、下記リンクをご覧ください。
ICCA年次総会サイト https://icca2021.com/

関連コンテンツ

閉じる